スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれ散策IN野辺山・清里 5月16日②
2008年10月28日 (火) | 編集 |
すみれの道を歩いていると、(?_?)なんだかちょっと異色のすみれが目に飛び込んできました。

近寄ってみると、すみれの葉っぱからすみれの花らしいものが・・・
舌弁が極端に小さく上を向き、めしべが全く見えません。。。

タチツボスミレの変わり咲きだと思いますが、こんな花は初めて見たので驚きました(゜レ゜)
IMGP5302_SP0000.jpg

IMGP5308_SP0000.jpg

すみれが花盛りに咲くとされるお目当ての山を目指し、えっちらこっちらと登りました。
しかし・・・・まだ時期が早かったのか?すみれどころか山の頂上は緑色の防護ネットに張り巡らされ、お花なんてちっとも見当たりません(>_<)
でも、頂上からは360度の展望が! 八ヶ岳をはじめたっくさんの山を見ながら最高のランチが出来たので、登って良かったかな。

下り道もなかなかすみれとは出会なかったのですが、ちょっと脇道をそれたところに
ちっちゃなフモトスミレが咲いてました!(^^)!
IMGP5372_SP0000.jpg

すみれを探しながらきょろきょろと見回しているうちに駅に着いてしまいました。
電車の発車時刻まであと1時間半。ここまで来て目的のすみれに会えないなんて・・・
もやもやを解消すべく、今度は駅を挟んで逆側をちょっと歩いてみることにしました。
散策すること30分ほどで、レストラン街の道路脇にスミレが咲いてました(^^)
IMGP5381_SP0000.jpg

すみれを見つけたのがきっかけで、あたりを探していると、なんとシロスミレ
会えちゃいました!(^^)!
もしかしたら会えるかなと密かに期待をしていたので、会えて良かった~。
ちょっとアリアケスミレに似ているので、本当にシロスミレかな?と悩みましたが標高1000M以上のこの場所にアリアケスミレは咲かないはずなので、シロスミレと断定しました。
IMGP5397_SP0000.jpg

そしてもうひとつ目的のすみれを電車の発車時計を気にしながら探していると、最後の最後でようやく会えました。 スミレの女王「サクラスミレ」です。
もう時刻は18時をまわっていたので、あたりは暗く写真もぎりぎり限界でした。
IMGP5417_SP0000.jpg

なんとか目的のすみれとの対面を果たした後は、駆け足で駅まで戻りました^^;
もっと早く駅の反対側を散策しておけばとか、最初から反対側をずっとまわっておけばなど、いろいろと後悔の念は湧いてきましたが、それは贅沢な悩みということで、次回にいかします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
更に標高の高いところへ
>> 頂上からは360度の展望が!

すごいですね。
ところで、歩いて登るんですよね?
NYANは文明の利器が大好きなので、四輪か二輪で行けるところが大好きなのです。<(; ^ ー^)

場所によって、花の雰囲気が違うのですが、シロスミレで良さそうですね。
それから、麓ではあまり見られないフモトスミレの顔の傾げ具合がかわいいかも。
妙なタチツボスミレですが、まぁ、見方によっては・・・。σ(^_^;)

相変わらず、ぎりぎりで走るんですね!
なによりも、それがすごいです。
2008/10/29(水) 22:33:18 | URL | NYANです #ex3yOCrA[ 編集]
NYANさん
もちろん歩いて登りました! ちょっと辛かったですが、前回の山梨の山を登った時よりはずっと楽でしたよ(^^)

相変わらずぎりぎり走ってしまいました。
せっかく来たのだから納得出来るまで・・・と欲張っちゃうんですよ。
単に時間配分が出来ないだけですが^^;
2008/10/31(金) 10:27:39 | URL | チョコ #/WOOFuhE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。