スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみれ散策 IN白馬・新潟 4月12・13日 ②
2008年09月04日 (木) | 編集 |
さてこのすみれは何スミレでしょう?

こたえは・・・イワフネタチツボスミレ という交雑種だそうです。
        両親は日本海側に多い ナガハシスミレ×オオタチツボスミレです。


ナガハシスミレのように距は長いのですが、オオタチツボスミレのように葉も株全体も大きく距が白いんですね。 なるほど~(゜レ゜)

教えてもらわなかったら、ナガハシスミレと絶対に区別がつかないです^^;
交雑種は会えると得したようでホントうれしいです。 でも難しいな~

イワフネタチツボスミレ

この2枚もイワフネタチツボスミレだと思います。
距はナガハシスミレと同じ紫色なのですが、株全体がびっくりするくらい大きかったです!
そしてちょうど満開でした! 私たちを待っていてくれました(^^)

イワフネタチツボスミレ2

イワフネタチツボスミレ3

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今日も更新されてますね (^.^)
どんどん出てきますね。o( ^_^ )o ♪

ふむふむ、今日は自然交雑種ですか。
距の雰囲気が違う2パターンをご覧になったということですね。
とても良い個体に出逢うことができたということでしょう。

新潟県内では比較的多く見られると思います。
NYANは岩船(岩舟)で見ることができましたので、本家を見たと言うべきなのでしょうか・・・? (´`;) ?

ほぼ同じ地域で見つかったというムラカミタチツボスミレも見ているのですが、こちらは分かり難くて、イワフネタチツボスミレの方が圧倒的に分かりやすいです。
いづれにしても、新潟県はタチツボスミレ系のDNAが入り交じっている地域と言ってよさそうですよ。
2008/09/04(木) 23:29:34 | URL | NYANです #ex3yOCrA[ 編集]
NYANさん
おっお~NYANさんは本家の岩船で見られたんですか!
ムラカミタチツボスミレ=オオタチツボスミレとタチツボスミレの交雑種ですね。 
私も長野で見かけたとは思うのですが、区別がつかず分からずじまいでした^^;
あちらのタチツボ系は、ほんとに難しいですよね! 教えてもらわないと???ばかりです。
2008/09/05(金) 18:28:45 | URL | チョコ #/WOOFuhE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。